人生9回の裏

底辺の俺が勝ち組になって、世の底辺に希望を与えられる存在を目指す成長日記

カップ焼きそばの三国志!ペヤング、UFO、一平ちゃんを食べ比べて一番美味いものを教えます!

 

f:id:watatatatata:20180716144421p:plain

 

以前に読んだめしばな刑事タチバナという漫画の中の話でカップ焼きそばは今、三国志の時代にあると言う話があった

 

めしばな刑事タチバナ(3)[カップ焼きそば選手権]【電子書籍】[ 坂戸佐兵衛 ]

価格:540円
(2018/7/16 12:08時点)
感想(0件)

 

 三国というのはもちろん皆さんご存知、ペヤング、UFO、一平ちゃん。作中では各々プレゼンして決着はつかないままだったが今日は俺の個人の中で1番を明確にしたいと思います

 

ちなみに食べ比べをする前の俺は一平ちゃん派。あのジャンキーな感じが堪らなく好きなんだよね

 

さぁ結末はいかに、それではご覧ください

 

 

 カップ焼きそばの3強 紹介

 

ペヤング

 

まるか食品/ペヤング ソースやきそば 18食

価格:2,674円
(2018/7/16 14:25時点)
感想(0件)

 

関東人の故郷とも言えるペヤング、関東圏以外では意外と知られていないが横浜生まれ横浜育ちの俺にとってペヤングとは第二のおふくろの味と言っても過言ではない

 

ペヤングのすごさはなんと言ってもペヤングらしさというものをしっかりと持っているところ。匂いでペヤングだと分かり味でペヤングだと分かる。多分目隠しされてもペヤングだけは皆さん当てられるのではないのであろうか?

 

良くも悪くもこいつは昔から変わらない。久々に顔を見ても「お前、変わんねーなぁ」っていうような友達感。

 

と思っていたのは俺だけで袋を破いてみたら

 

 

湯切りターボになってるやんけ・・・

 

お前、あのプラスチックの蓋はどうしたんだよ

消費者にとっては湯切りが楽になって良いのだけどペヤングはそれしちゃダメだろ・・・

なんか昔ふざけあってた友達が社会に揉まれて真面目になっちゃてた気分

 

問題は味。湯切りをして蓋を外すとやっぱりあいつがいた。チープなんだけどほっとするような匂い。小さい謎肉も健在、こいつがペヤングらしさを引き出してくれるんだよな

 

 

まずは一口。

これこれ!コショウのスパイシーさに紅ショウガのツンとした風味、食べる時に0距離で入ってくるチープなソースの匂い。これらがお互いに邪魔をせずに腹に入っていく。

 

 

あー、うんめぇ

 

でも、たまにで良いんだよなこいつ。一回食べるとしばらくはいいかなって感じ

 

でたまに無性に食べたくなる。

そういう時にペヤングは最高のパフォーマンスを発揮できる奴なんですよ

 

 

 

一平ちゃん

 

一平ちゃん 夜店の焼そば(1コ入)【一平ちゃん】

価格:149円
(2018/7/16 14:28時点)
感想(31件)

 

カップ焼きそば界のトリックスターマヨビームという暗器を隠し持ちビッグタイトルであるペヤング、UFOに並び立つ

 

このマヨビームというのが一平ちゃんの唯一にして最大の特徴。長方形の小袋に入れられ袋を破き、押すと中からカラシマヨネーズがピューっと

 

あのピューってやってる時のワクワク感

どうせすぐ混ぜるのに綺麗な波線を描くようにかけちゃうんだよな。もはやあの行為は神聖な儀式だね、思わずニヤニヤしちゃう

 

 

そして口に含んだ結果。思わず出てしまった一言が「お!差別化できてるねぇ」である。他の焼きそばとは違う路線でうまさを作っている

 

カラシの風味が鼻を抜けて、追っかけるようにソース味。カラシも全然辛くなくてカラシが苦手な人も問題なく召し上がれるレベル。

ソース+マヨネーズ+炭水化物の数式に間違いはない。これは義務教育に取り入れるべき知識だと思う

 

しかし、これは他の焼きそばにとっても課題なのだが味は単調だよね。

もしもマヨネーズ以外の第二の刃を持っていれば二天一流宮本武蔵にも成れる逸材だと俺は期待している。

 

 

UFO

 

【生活雑貨】【日清食品】日清焼そば U.F.O 128g 即席 ユーフォー UFO インスタント 焼きそば ソース 4902105022122【YH】

価格:166円
(2018/7/16 14:29時点)
感想(0件)

 

俺はまだこいつの力というものを完全には把握していない。なぜならこいつは記憶に残らない。

時代によって特徴を変え人類と共に進化をしてきたからだ

 

俺が最後に食べたのはいつか、その時こいつはどんな姿だったのか

 

今日はそれを思い出しながら食そうと思う。

まずはパッケージ、UFOという名に相応しい円盤状

 

かやくはなぜか分からないが容器の外に張り付けられている

 

お湯を注ぎ、待つこと3分

蓋をあけソースを絡めた瞬間、「ん!?主役はこいつか!?」と脳裏をよぎった

 

それもそのはず、強烈なソース臭が俺の脳を攻撃していて食欲を増進させられていた。本日二食目のカップ麺で少しゲンナリしていた食欲を叩き起こされ俺はがっつく

 

味は濃い目のソース味。かやくに薄っすらとピンクの物体が紛れていたので紅ショウガもアクセントとして活躍。この濃い味とストレート麺がまた合う!ご飯が手元にあれば一緒に食べてしまいたいぐらいだった

 

 

事件は後半に差し掛かった辺り。急に飽きる

初見のインパクトのデカさを維持できなくて失速してしまった

 

そして同時に思い出す。そういえばUFOを食べるたびにこれ思ってたって事を

完食した俺の中には満足感と虚しさの2つがあった

 

 

結果発表

 

 

本当は「みんな違って、みんないい」で終わらせたいところではあるのだが、あえて1位を作るのならば

 

 

 

 

ペヤングかなぁ~っ!

 

どれも本当に素晴らしいのだけどペヤングには「カップ焼きそばを完成させちゃった」感があるからねぇ

正直ペヤングを言いたくはなかった。好きなカップ焼きそばを聞いたときにペヤングって答える奴は思考停止してるような気がしてね

 

でも俺は一週回ってペヤングという事を知ってください!言い訳ですが(笑)

 

 

後、今回は3強で争いましたけどまだまだ名作はたくさんあります!また機会があればそれらもレビューさせてもらいます

 

それでは!

 

 

関連記事

 

www.watatatatata.com 

www.watatatatata.com